夢とキレイゴト | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 今日の一言 > 夢とキレイゴト

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.3.6

夢とキレイゴト

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

今日は日曜日ということで、今僕が思っていることについてお話をしたいと思います。

子供の頃はいつでも自分が世界の中心にいて、未来に対する不安なんて1mmもありませんでした。
だから楽しいこと・やりたいことに全力を注いでいました。

そして「パン屋さん」や「パイロット」に憧れを抱き夢を見ました。

でも大人になり社会に出ると、いつしか夢を見ることを諦めてしまいます。

失敗することに臆病になり、みんなと同じ道から逸れることを恐れ。

夢とは所詮キレイゴトであると自分に言い聞かせて、
毎日をただただ繰り返していくようになるのです。

でもやっぱり、キレイゴトだと罵られても、馬鹿にされても、
いくつになっても夢は持っていいし、持ち続けるべきだと思います。

夢があれば、どうやったらそれが叶うのか考え行動に移します。
行動すれば、それが血となり肉となり、結果的に成長につながります。

しかし、夢を持つことを諦めてしまった瞬間から、
考え行動をすることを辞めてしまう「思考停止モード」に入ってしまいます。

全ての人には寿命があり、必ず老いていきます。
放っておけば今日よりも明日、体力が減っていき、シワが増え老いていくのです。

思考が停止し現状維持モードに入った瞬間から老いが始まっていきます。

夢は決してキレイゴトではありません。
いくつになっても夢を持ち続けていたいし、
持ち続けられる世の中であって欲しいなと思います。

それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト