自分で考えて行動するスタッフが愛おしい! | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 今日の一言 > 自分で考えて行動するスタッフが愛おしい!

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.7.10

自分で考えて行動するスタッフが愛おしい!

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki


おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

先日、うちの会社では半期に一度、査定という雑談会をやってますーとブログに書いたのですが、
僕は今回からしれっと査定の内容を変えてみました。

僕の中でのテーマは「具体的に行動するためのキッカケづくり」でした。

会社側からあれやって!と押し付けたり強制するのではなく、
スタッフのポテンシャルに全振り(やるかやらないかはスタッフ次第、スタッフを信じる!)しようと挑んでみました。

イヤイヤと行動しても成果は出ませんし、継続することができません。
だから自発的に行動してもらえることが重要だったのです。

僕は日頃からブランディングのワークショップで、
参加者のみなさんに自ら気づいてもらう為のファシリテーションを心がけていて、
それをそのまま自社で行ったのです。

あれこれ質問したり、深掘りしたり、ヒントを出したり。
そうやって一通りのスタッフの今後の方向性を一緒に考えました。

スタッフの性格はそれぞれ違っていて、
ある程度の方向性があればあとは自分で考えて行動できる人、
具体的に伝えなければ行動できない人など様々。
どれが良いか悪いかではなく、それも個性の一つと捉え、一人ひとりにあった伝え方をしました。

基本の考え方となるのは、スタッフの人生(やりたい事や目標)に対して
会社として何ができるか、会社がどうあるべきか。

いろいろと話をする中で、みんなの方向性が見えて良かったなぁと思っています。

でね、嬉しいのはそこで見えた方向に向かうために、
複数名が具体的に自ら考えて行動してくれている事なんです。

その行動が正解か不正確かなんてもはやどうでもよくて、
動いてくれている事実が愛おしくて仕方ないんです。

こういうポジティブな行動が連鎖して、みんなが自発的に動いてくれれば、
きっと仕組みやガチガチのルールなんて必要なくて、
パーパスやブランドビジョンみたいな必要最低限の要素だけで骨太な会社ができるよなーと思いました。

それにしても、リモートワークが定着してコミュニケーションが取りづらくなった今、
やっぱり対話は大事だなぁと改めて感じました。

ぜひみなさんも定期的に社員さんとガチで話してみてください。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト