会社にとって必要な人材とは | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 経営戦略 > 会社にとって必要な人材とは

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.3.3

会社にとって必要な人材とは

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

僕は一昨年くらいから、これからは個人の時代だ!と呪文の様に唱えていました。

個人の力というと、フリーランスなどをイメージされるかもしれませんが、
「個人の力」とは、会社組織にとっての「個の力」でもあります。

会社とは個人の集まりなので、個人の能力次第で会社が良くも悪くもなります。
こと中小企業においては、大企業に飲み込まれないようにする為に、ますます個人の力が必要不可欠です。

しかしながら、能力の高い人をやみくもにたくさん集めれば、
会社が成長できるかといえばそうではありません。

会社にとって「本当に必要な人材」を確保することが大切なのです。
そして採用活動においては、「本当に必要な人材」とのマッチング率を高めることが求められます。

では、一体どんな人が会社として「本当に必要な人材」なのでしょうか。

その答えは、会社としてのビジョンやミッションに共感してもらえるかどうかです。

会社としての目的地と個人の目的地が異なれば、
どんなに優秀な人であってもポテンシャルを活かすことはできません。
しかも続かない(早期離職につながりやすい)ですし。

会社には必ず目的があり、それを叶えるための事業戦略や人材戦略であるはずです。

目的や事業を達成する為に、自社にとって「本当に必要な人材」とはどんな人材なのかを、
きちんと定義しておくことでマッチング率が高まっていきます。

もっと欲を言えば、会社としての想いと個人の想いがきちんと重なっていること。
同じ夢を一緒に見れるかどうかも大切ですよね。

採用活動を行う前にぜひ一度自社にとって、
本当に必要な人物像をイメージしてみてください。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト