強みから意味に変わる | Think for Design
トップページ > ジャーナル > マーケティング > 強みから意味に変わる

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.1.12

強みから意味に変わる

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

商品やサービスが選ばれる為には、しっかりと消費者に強みを提示しなさい。
そう言われ続けてどのくらい経つのでしょうか。

選ばれる為には選んでもらう理由を用意しておく必要があります。
確かにその通りだと思います。

でも僕は最近この強みという言葉に少し違和感を覚えています。
なぜなら強みとは「売り手側の目線で見た強み」だからです。

どこか自分たちの特徴を、消費者に無条件で押し付けてしまっている気がするのです。

そうではなく、消費者にその商品やサービスを購入する意味を、
イメージしてもらうことの方が大切なのではないかなと思うのです。

もちろん強みは大事なのですが、それらは企業目線ではなく、
顧客目線に変換しイメージしやすく表現してあげる必要があるのではないかなと思います。

伝え方次第で受けて側の捉え方が変わってきます。

試行錯誤しながら最適な表現を心がけたいところです。

それでは、また明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト