経営とロゴの関係 | Think for Design
トップページ > ジャーナル > デザイン経営 > 経営とロゴの関係

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.1.13

経営とロゴの関係

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

日に日にロゴの重要性が高まってきていると感じています。
いや、重要性が高まっているというよりは「ロゴの重要性に気付いた人が増えている」
と言った方が正しいかもしれません。

名刺を思い浮かべてください。
ロゴはどの位置に配置されていますでしょうか?
おそらく左上に配置されていることが多くないでしょうか?
人間の視線は、左上→右→左下→右と「Z」の順番に視線を動かすと言われています。
だから、名刺を渡した瞬間位一番目が行く場所にロゴを配置しています。

ではホームページはどうでしょうか?
多くのホームページでロゴの位置は左上にあるかと思います。
最近ではホームページは「Z」の順番ではなく「F」の順番で見られると言われています。
どちらにしても、一番目が行く場所にまず「ロゴ」を配置しているのです。

無意識のうちに初対面の人にまずはロゴを認識して欲しいと配置しているのです。

メラビアンの法則から「見た目が9割」と言われています。
最初の印象が悪ければ最後まで悪い印象を引きずってしまいます。

さて、あなたの会社のロゴは他の人からどう見られていますか?

「手作り感満載のロゴ」→しかるべき所にお金をかけない会社。
「かっこいいだけのロゴ」→中身が伴っていなければ哲学のない薄っぺらい会社。

もしかしたら知らぬ間に、こんな誤解を招いてしまっているかもしれません。
ビジネスシーンで言うなれば、ヨレヨレの汚れたスーツで初対面の人と挨拶をしているのと同じです。

うちはデザインとは縁遠い会社だからと、ロゴから目を背けてはいられなくないのです。

だからロゴにきちんとお金をかけないという選択肢はないのです。

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト