コミュニケーションが苦手を克服する方法! | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 今日の一言 > コミュニケーションが苦手を克服する方法!

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.7.27

コミュニケーションが苦手を克服する方法!

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki


おはようございます!
中小企業のための伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

みなさんはコミュニケーション得意でしょうか?
自信をもって得意!と言い切れる人も少ないかもしれません。

僕もどちらかといえば苦手な方でした。

特に僕らのお仕事においてはコミュニケーションは必要不可欠です。

お客様の要望をヒアリングの中から汲み取りデザインをしていくので、
コミュニケーション次第ではデザインが薄っぺらいものになってしまう危険性があります。

だから嫌でもコミュニケーションを的確に行わないといけません。

コミュニケーション能力をアップさせるためには次の2つが重要になります。

ひとつは話しやすい場作りを行う事。
そしてもうひとつはベクトルを相手に向けること。

まず大前提として、コミュニケーションには「傾聴力」が求められます。

傾聴とは「相手の話を、相手の立場に立ち、相手の気持ちに共感しながら理解しようとすること」なのですが、
そもそも初対面や関係性が薄い人が、自分の思っていることや気持ちを正直に話してくれるはずがありません。

そこで、まずは話しやすい場づくりが重要です。

相手のテンション・話す温度感やトーン、スピードなどに合わせてお話をしたり、
相手にとって心地よい相槌を打ったり、相手のリテラシーに合わせた言語のチョイスをする必要があります。
(難しい言葉を使わないなど)

その上で自分のことをまずは開示して、敵じゃないよ!と伝え、
話しやすい場を作ることが大切です。

話しやすい場が作れたら、次に「ベクトルを相手に向ける」必要があります。

コミュニケーションが苦手な人はよく、上手に話ができるか不安だと言います。
誰しも上手に話ができた方が良いに決まっています。

しかし、相手にどう思われるかを気にしている時点で、
ベクトルが自分に向いてしまっています。

上手に話ができるかどうかよりも、
相手の気持ちに共感しながら理解しようとする姿勢の方が大切です。

またよくやりがちなのですが、相手が話している間に、
次に自分は何を話そうかな?と考えてしまうこともベクトルが自分に向いている状態です。

自分にベクトルが向いている状態では、
コミュニケーションが一方通行となり上手くいかないのです。

相手の話を聞くときはきちんと耳を傾け、
自分が話す時には上手に話せるかどうかよりも、
相手に伝えたいことを届ける(贈り物を届ける感じ)つもりで話をすると、
コミュニケーションが円滑になるのではないかなと思います。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト