広告はしっかりと目的を決めてから! | Think for Design
トップページ > ジャーナル > マーケティング > 広告はしっかりと目的を決めてから!

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.3.8

広告はしっかりと目的を決めてから!

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

今日は広告は目的が大切!というお話をしたいと思います。

以前、フリーペーパーを作っている会社で働いていました。
フリーペーパーは掲載する広告の広告費で回っています。

だから、お客様に広告を出してもらえないといけません。

当たり前ですが、お客様は費用対効果を考えて広告の出稿先を決めています。
反響がない広告よりも反響がある広告を望むからです。

だから1回広告を出してもらったお客様に、再度広告のお願いにいくと、
「費用対効果がないからもう辞めます!」と言われることも普通にありました。

効果が無いのは仕方がないのですが、
中には「広告の目的」をしっかりと決めていなかったから、
効果が出なかったというケースもあったのです。

1/5日〜1/10日まで全品50%OFFセール!という広告であれば、
反響は店舗への来店数であり、売上になります。

地域の写真の上に「希望の明日へ・・・」という文字が大きく書かれたイメージ広告の場合、
すぐに売上につながるものではありません。
そもそも売りたいものが商品ではなく「会社のイメージ」なのですから。

前者は短期的な広告で、後者は中長期的な広告です。

前者的な思考で「即売上につなげたい」と思いながらも、
後者的な戦略で「イメージ広告」を打っていたとしたら効果が出ないのは至極当然のことです。

大切なことは「どんな目的で広告を出すのか」
そして「その広告を見てどんな行動をとってほしいのか」
その結果、どんな「成果」を得たいのかを予め決めておく必要がありますよね。

広告は目的をしっかりと決めてから!

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト