自社メディアは責任感をもって | Think for Design
トップページ > ジャーナル > マーケティング > 自社メディアは責任感をもって

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.4.1

自社メディアは責任感をもって

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

今日は自社メディアは責任をもって更新しよう!というお話をしたいと思います。

自社メディア?そんなのうちには無いよ?と思われる方の為にザックリ説明します。

自社メディアとは、自社で運営・情報発信を行なっているメディアのことで、
WEBサイトはもちろん、パンフレットなどもこれに当てはまります。

オンラインマーケティングにおいては、オウンメディアとも呼ばれています。

情報社会の中で生き残るためには、積極的に情報発信を行わければいけません。
なぜならそうしないと比較対象にさえ入ってこない可能性が高くなるからです。
だから情報発信ツールの一つである自社メディアを、上手に活用しなければいけないですよね。


さてそんな中、自社のホームページをメディアだと認識されている方はまだまだ多くはないと思います。

ホームページをメディアだとして、
改めて自社のサイトを見てみてください。

もしホームページの最終更新日が数ヶ月前・・・みたいなサイトであれば、
雑誌で例えるなら休刊中もしくは廃刊に追い込まれている状態に見えてしまうと思います。

もし愛読者がホームページを訪れた時、なんの更新もされていなければ、
単純に「がっかり」してしまいますよね。

このように知らずにお客さんを逃していたり、
悪い印象を抱かせてしまっている可能性があるんです。

ホームページは重要なメディアだと捉えて、
見る人をがっかりさせないようにしないといけないですよね!

・・・

しかしそうは言っても、発信する内容がないんだけど・・・
という方も本当に多いんです!

それを言ってしまったら、じゃあ雑誌はどうなの?という話になります。

編集長!
今月はちょっと書く内容が無いので、
発売をパスしましょう!

と言っているのと同じです。

発売日に発売されなかったらファンはがっかりして一気に離れていきます。

社内できちんと更新のルールを決めて、責任をもって運営することをオススメします。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト