WEB集客がますます難しくなってきている | Think for Design
トップページ > ジャーナル > マーケティング > WEB集客がますます難しくなってきている

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.5.19

WEB集客がますます難しくなってきている

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki


おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

最近、集客の話が多いなぁと思いながらも、
今日もこりずにWEB集客のお話をしたいと思います。

これまでの時代を振り返ってみると、ホームページを持っているのが珍しい時代から始まり、
ホームページを持っているのが当たり前の時代に変わりました。
すると今度は「更新していないホームページは意味ないよね」と気付き、それまでプロに依頼していたホームページの更新を、
自分たちでできるようにするためにCMS(ワードプレスなど)を求めはじめました。

自分たちで更新ができる状態になると、更新する会社と更新しない会社に分かれはじめます。
その時は、おそらくホームページを更新している会社は「意識高い系」という括りにされ、
側から見ると「よくやるよね〜」という目で見られました。

そしてコロナ禍になり、人との接触ができない事態になると、
こぞってホームページを活用するために試行錯誤し始めました。

有名なマーケティング理論で、イノベーター理論というものがあります。


全部は説明しませんが、例えばイノベーターは最初に製品やサービスを導入する革新者です。
真逆にあるのがラガード(遅滞者)で、最も保守的な層で文化的なレベルになるまで
その商品やサービスを使用しないのが特徴です。

簡単に言うと、イノベーターはスマホを最初から使っている人、
ラガードはガラケーが無くなったらようやくスマホにするみたいな感じです。

このように製品やサービスの市場への普及率を表した理論なのですが、
ホームページを使った集客もまさにこの理論通りだと思っています。
イノベーター理論のレイトマジョリティ位まで浸透しており「すでに飽和しそうな状態」なのではないかと。

自社が一生懸命にWEB集客を行なっている横で、
競合他社も同じように活動をしているので優劣がつきにくくなっています。
しかも、ネット上には優れた情報がたくさんあるので、消費者の目も肥えているはずです。

更新しているだけでは差別化ができず、
WEB集客がとにかく難しくなってきているのが現状です。

だからこそ、ブランディングが必要で、
包括的かつ戦略的に考えて取り組まないといけないなと思っています。

最後に、WEB集客をピラミッド化した図をご覧ください。


本日はSTEP3の段階の人向けにお話をしています。

WEB集客は基本的に時間がかかるものです。
STEP1からいきなりSTEP4にはジャンプアップできないので、段階的に上がっていくしかありません。
ですのでSTEP1〜STEP3の方は早めに上のステップに移行することをオススメします。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト