Nakamura’s STORY Vol.05 | Think for Design
トップページ > ジャーナル > プロフィール > Nakamura’s STORY Vol.05

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.1.5

Nakamura’s STORY Vol.05

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

32歳 3度目の独立、アプリコットデザイン再始動へ

もう二度と独立はしない、そう誓ったはずでした。
このとき僕は32歳。これまで2回の独立と転職を繰り返していて、どう考えてもこれが最後の決断です。

もう失敗は許されない。
そう思った僕は、二度と逃げられないような状況に身を置こうと考え、
会社として独立することを決意しました。

当時ツテのあった税理士の先生に相談して会社設立の準備に入り、
そこから1ヶ月後くらいに無事、会社の登記が完了。

会社名は、毛色が豊富でオシャレな犬である、トイプードルをイメージしています。
トイプードルのアプリコットカラーは元気でやんちゃな性格。
株式会社アプリコットデザインのイメージとしてピッタリです。
アパートの一室、人件費も僕一人だけ、特に大きな経費はありませんが
個人事業とは違い会社は意外とお金がかかります。


設立後の銀行口座には残高150万円

1ヶ月が経過して売り上げは数万円。しかし様々な経費を差し引くと残高は100万円程に減ります。
一人会社とはいえ、社会保険にも加入していたので出ていくお金が意外とあるのです。

このとき、昔の悪夢が蘇りました。
「こんな状況が数ヶ月続いたらお金が尽きて人生が終わる……」
しかし、ネガティブなことばかり考えていても仕方がありません。
もう前に進むだけ、やれることをやるだけだ!とポジティブな思考に切り替えるしかありませんでした。

まずは下請けでも良いからお金になる仕事が欲しい!
そう思い、広告代理店へ営業に行ったり、メールで営業をしたり、
DMを作成して送ったりとできることは片っ端からやりました。

すると少しずつ反響が出始めたのですが、一つの疑問にぶち当たります。
「ホームページを制作して集客をサポートしようとしている自分が、
アナログな営業を行っているのはいかがなものか?」

気になって他の制作会社を調べてみました。
すると多くの制作会社の最終更新日が1年前と、自社のホームページを
きちんと更新していないことに気がついたのです。

「ホームページ制作会社たるもの、
自社のホームページから集客できないでどうする?!」
そう思った僕は、それまで行っていたアナログ営業を辞めて、
ホームページの見やすさを求め変更を行なったり、情報を発信をしたりと自社のホームページに注力しました。

そうすることで、少しずつホームページ経由で問い合わせが入るようになってきたのですが、
問い合わせはあるものの受注に繋がりません。

その理由は「信頼性」が低いからです。
制作実績が数点しかなかった当時のホームページ、実績が少ない会社に誰が依頼するのでしょうか。
まずは制作実績を多く作る事が大事だということに気がついたのです。

しかし当時の僕は、自分が作るものにおいて自信が1mmもありませんでした。
デザインも相変わらず独学で手探り状態。プログラミングにおいても慣れていない。
「とりあえず安価でもいいから実績を作ろう」そう思い、
破格の価格でホームページを受注して実績を増やしていったのです。

幸いにも社員はいなかったので、僕が寝ずに無理して働けば何とかなります。
ひたすら安価で制作を続ける日々。制作を重ねると次第にクオリティが上がっていきました。

そして、順調に制作実績を増やし続け、
自社のホームページに反映すると受注につながることが増えたのです。


2年目、人を雇うことになる

2014年、会社設立後1年が経った頃、僕に転期が訪れます。
もともと僕は会社を大きくすることは考えておらず、人を採用することも考えていませんでした。
しかし、繋がりや諸事情があり、2人も雇い入れることになったのです。

もはやアパートの一室ではいけないだろうと思い事務所を探すことにしました。
インターネットで物件を探していると、安くておしゃれな物件があり、即座に申し込みました。

しかし、ここで壁にぶち当たります。物件の契約に審査があるというのです。
会社を設立して1年ほどの会社だったので、見事に審査に通りませんでした。
このとき、僕は社会的に信用が一切無いという現実に直面したのです。
仕方がなく個人名義で再審査してもらい、連帯保証人をつけるという条件付きでOKをいただきました。

無事に入居できると、急いで備品などの調達を行いました。
パソコンや机、棚を購入し、事務所として見栄えをよくするためにソファなども揃えました。
2人も増えるのでお金がものすごい勢いで無くなっていく!!!

銀行口座の残高がみるみるうちに減っていきます。
スタッフが出勤し、働いてもらうようになれば当然人件費も発生します。
今まではアパートだったのでそれほど気にならなかった家賃や光熱費もかかる……。
恐ろしいほどの恐怖心と共に2年目は3人でスタートすることになりました。

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト