個の力を最大限発揮するパーソナルブランディング | Think for Design
トップページ > ジャーナル > ブランディング > 個の力を最大限発揮するパーソナルブランディング

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.5.21

個の力を最大限発揮するパーソナルブランディング

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki


おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

今日は「個の時代」を生きるパーソナルブランディング実践編と題して、
今すぐに取り組める内容となっていますので、ぜひお役立ていただければと思います。

なぜ「個」が重要かはこれまで幾度となくブログに書いてきましたので割愛させていただければと思います。
ザクっと説明すると、商品やサービスが均一化しているので「誰から買うか」
といった「人」で差別化しなければ選ばれないよねということです。
会社とは「個」の集まりなので、「個の力」がそのまま会社としての成果に直結します。
だから個人のブランディング「パーソナルブランディング」が必要なのです。

パーソナルブランディングとは、自分の「らしさ」をみつけ、戦うべき独自の領域を決め、
ターゲットとする人にアプローチを続けることで、●●といえばあなた!と選ばれるために行います。

会社の中においては、会社の「らしさ」と上手に融合させることで、
相乗効果によってでさらに個人の「らしさ」に磨きがかかっていきます。

個人が輝けば会社もより輝く!

だからパーソナルブランディングに取り組みたいところです。

今日は一番大切な、自分の「らしさ」を見つける方法をお伝えします。


周りの人にまずは聞いてみる

まずは周りの人やお客さんなどに「自分の良いところ」を聞いてみましょう。

●なんで私から商品を買ってもらえるのですか?
●サービスを買い続けてもらえているのはなぜですか?
●私にどんな良いところがありますか?
●私の長けているところはどこですか?
●私のことどんな人だと思ってる?

中には少し恥ずかしい質問もあるかもしれませんが、
意外と自分では自分のことが分からないものです。

第三者に聞いてみることで自身にどんな「らしさ」があるのか、
客観的に把握することができます。


3C分析を行ってみる

次にマーケティングで本当によく使うフレームワーク「3C分析」を行います。

3C分析とは、Customer(市場・顧客)、Company(自社)、
Competitor(競合)という3つの「C」について分析する方法です。


パーソナルブランディングにおいては

●市場・顧客=求められているニーズ
●競合=ライバル
●自社=自分

となります。

Customer(ニーズ)

自分ができることをぼんやりと頭の中に入れながら、
身の回りにはどんなニーズがあるのか考えて箇条書きにしていきます。
出したニーズから一番自分が満たせそうなニーズをピックアップしていきます。


Competitor(競合)

身の回りでライバルになる人を探してみていくつかピックアップしてみてください。

ここで重要な点としては、提供するニーズによってライバルが変わるということです。

自分が満たそうとしているニーズをもったライバルを探してみてください。
そしてそのライバルの強みと弱みをあげてみましょう。


Company(自分)

最初のヒアリングの際に出た自分の強みなども考慮し、自分でも強みを考えて整理してみます。
その際にきちんと弱みも整理しておきましょう。



3つの円が重なる中心の部分は、ニーズが多くライバルも多い「レッドオーシャン」です。
そして、ニーズと自分の円が重なるところが「ブルーオーシャン」です。

このブルーオーシャンを見つけていきます。
すなわち、ニーズがあって自分の強みが活かせ、ライバルがいない独自の領域です。

この場所を見つけてターゲットに印象付けられれば、
●●といえばあなた!となり、あなた自身の価値が最大限発揮されるはずです。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト