営業は早いうちにハイブリッド化を | Think for Design
トップページ > ジャーナル > マーケティング > 営業は早いうちにハイブリッド化を

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.5.2

営業は早いうちにハイブリッド化を

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

今日は営業の方は早めにハイブリッド化した方が良いよというお話をしたいと思います。

コロナ禍になり、人と人との接触が禁じられ、
対面での営業が難しくなりました。

対面での営業を行なっていた方の打撃は大きかったと思いますが、
今は対面での営業が可能になり、少しづつ日常を取り戻してホッとしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いつまた人と人との接触を禁じられるか分かりません。
だから今のうちに「営業のハイブリッド化」をしておいた方が良いと思います。

営業のハイブリッド化とは、インターネットを上手に活用した営業手法です。

購買時の意思決定における重要なポイントは「信頼」できるかどうかだそうです。
1回しか会ったことがない人に比べ、100回会ったことがある人の方が信頼できるはずです。

対面で100回会うのは結構大変なことですが、
インターネットを介して100回の接触を行うのは意外と簡単です。

SNSやホームページのブログなどを活用し情報発信を行い、
顧客との接触回数を増やすことで事前に「信頼」を蓄積しておき、
対面でクロージングするハイブリッド営業にぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか?

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト