役に立つ情報からの自然な導線 | Think for Design
トップページ > ジャーナル > マーケティング > 役に立つ情報からの自然な導線

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.6.15

役に立つ情報からの自然な導線

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki


おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

ホームページを多くの人に見てもらうためには、
リスティングやSNSなどの広告の他、SEO対策があります。

ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、検索結果の上から順番に見ていくはずで、
自社のサイトが上位にある方が見てもらえる確率が高まります。

しかし、仮に上位に表示されてサイトを訪れても、
お問い合わせやメルマガ登録など行動をしてもらえないと意味がありません。

先日、調べ物をしていたら、素晴らしい導線だなぁと感じた
事例があったので共有させていただきます。

お客さんのところのスタッフさんとお話をしていた時、
プライドが高すぎる社員さんに困っているという相談をされました。

気になってそんな社員さんの対処法をGoogle先生で調べてみました。

Google先生によると、プライドの高い人は本当に自分を見透かされるのが怖いので
武装する為に鎧をかぶっているとのこと。
対処法としてはまずはその人の心理を知る事、理解する事だそうです。

今回はその話がメインではないので、
気になる方はGoogleで検索してみていただければと思います。

・・・

検索結果のとあるページで上記の対処法が出てきたのですが、
そのページの最下部に「転職支援サービスはこちら」みたいな導線があったのです。

プライドが高い社員に困っているのは一般社員が多く、検索するのもまた一般社員。
解決したいと思って検索するのだと思うのですが、
どうしても困ったら転職という道もあるよという導線がついていたのを見て、
これが「役に立つ情報からの自然な導線」だと納得した事例でした。

転職会社から見てユーザーにとっての役に立つ情報が何かと考えた時、
真っ先に思い浮かぶのは、収入アップの方法やキャリアの悩みみたいなものです。

でももっと深掘りしていくと、人間関係に困っていてそれを解決したがっている!
というニーズがあることに気付きます。
ユーザーの心理を想像して、そこに必要な情報を当てていく。

SEO対策の基本中の基本ですね!

もしあなたの会社でSEO対策を行う際には、
自分たちのお客さんが何に困っているのかを深掘りして考えてみると、
必要なキーワードやコンテンツが見えてくるかもしれませんね。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト