ホームページの改善を行う前の心構え | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 経営戦略 > ホームページの改善を行う前の心構え

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.3.7

ホームページの改善を行う前の心構え

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

どうにかホームページを改善して成果を上げたい!

コロナ禍になり、ますます企業としてホームページ活用の重要性が増しましたよね…!

でも、ホームページをどう改善していったら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

改善を行うためにはまず「課題」が何かを見つけなければいけません。

とはいえホームページ活用において正解はないので、
「課題」が何か「仮説」を立てて進めていくようになります。

課題を洗い出していると、たくさんの課題が出てくる場合があります。
改善を始める前にきっちりと「優先順位」を立てることをオススメします。

この時、インパクトとスピードで分類してみると分かりやすいです。

アクセスアップを目指してSEO対策を行う場合、
SEO対策の効果が得られるには時間がかかるので、スピード低・インパクト低に分類できます。

アクセスアップを目指して広告を出す場合、
即効的にアクセスアップは見込めますが、成果が得られない場合スピード高・インパクト低に分類できます。

ホームページのリニューアルはインパクトこそありますが、時間がかかるためスピード低になります。
現在のホームページがひどい状態であればサイトのリニューアルが最優先施策となりますが、
そこそこ良い状態であればリニューアルは後回しとなります。

このように、スピードとインパクトで施策を分類して、
優先順位を決めてから実行に移していくことをオススメします。

この方法はホームページに限ったことではありません。

採用を強化しようとして採用サイトを作っても、
社内の状況がボロボロであれば人をいくら集めても意味がありません。
そのため社内の教育体制の見直しや評価基準の見直しが優先事項として考えられます。

優先順位を整理することはとても大切なのです。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト