SNSでバズらせる意味 | Think for Design
トップページ > ジャーナル > マーケティング > SNSでバズらせる意味

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.4.23

SNSでバズらせる意味

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

今日は「SNSでバズらせる意味」ってあるのかな?という問いかけです。

SNSを活用した集客を考える際、いかにバズらせるかという視点で物事を考えてしまいます。

SNSは拡散力があり、話題性づくりにも最適ではあります。

事実フォロワーの多いインフルエンサーを起用してキャンペーンを企画したり、
懸賞企画などを行いバズらせることは日常的に行われています。

しかし、そこから得た「いいね」や「フォロワー」に果たしてどんな意味があるのでしょうか?

集客の目的は「いいね」の獲得ではなく、見込み客と繋がりそこから売上や集客に導くことです。
バズらせた結果、売上や集客に優位な差が見られなければ失敗なのです。

100人のフォロワーがいて、そのうちの見込み客が5人よりも、
10人のフォロワーがいて、見込み客が5人いる方がよっぽど効率的です。

フォロワーの数よりも、「心のつながり」が強いフォロワーさんを
いかに獲得できるかに注力した方が良いと思います。

一過性のバズに囚われて、「手段の目的化」をさせないためには、
ユーザーの心理をきちんと把握した上で、「心のつながり」を強めるための情報発信を心がけたいものです。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト