売上を上げるために最も大切なこと | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 経営戦略 > 売上を上げるために最も大切なこと

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.4.26

売上を上げるために最も大切なこと

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki

おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

当たり前ながら、売上は大切です!
売上が全てではありませんが、会社はボランティアではないので、
利益を出し続けないと継続していく事ができません。

だから、多くの会社さんにおいて「売上アップ」は直近の課題であったりします。

「がんばって売ってこい!」
「テレアポを増やして商談の機会を増やせ!」
「営業成績が良いものには特別報酬を出す!」

人(営業マン)のモチベーション次第で売上は変わります。
だから、どうにかこうにか捲し立て、お尻に火をつけて売上アップに繋げようとします。

すると、効果は覿面で売上は上がっていきます。

しかしここには問題があります。

ひとつはスタッフのモチベーションに委ねてしまうと、
モチベーションが下がったら売上も下がるという点。

もうひとつは無理矢理に売った反動でクレームが増えるという点。
スタッフはとにかく売ることに集中してしまい、お客様の気持ちを置き去りにしてしまいます。
その結果、「余計なものを売りつけられた」と不満につながりクレームとなるのです。

悪い噂が広まり、スタッフのモチベーションは低下し、悪循環に陥っていきます。

商圏には必ず絶対的なパイがあり、
最初のうちは強引に新規の売上を増やすことができますが、
いずれパイが減ってくると頭打ちになってしまいます。

だからがむしゃらに売上を求める前に、
まず「社員教育」にきちんと目を向けるべきなのではないかなと思うのです。

自社がなぜ、どんな目的で商品を販売しているのか。
自社の商品がどれほど素晴らしく、お客様の役に立っているのか。

これらを理解してもらった上で、「納得感」を持って販売してもらう。
そうすることで、お客様にも「納得感」を得てもらう。

短期的な売上アップは未来の売上を食い潰して行ってしまうことを頭に入れながら、
長期的な視点で売れ続けるために、まずは「社員教育」に取り組んでみてはいかがでしょうか?

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト