知らずにやりがいを阻害していた! | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 経営戦略 > 知らずにやりがいを阻害していた!

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.8.3

知らずにやりがいを阻害していた!

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki


おはようございます!
中小企業のための伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

会社組織にはそこで働いているスタッフがいます。

そして必ずそこで働く意味を持って働いています。
給与などの待遇面に意味を持っている人もいれば、
やりがいなどの精神面において意味を持っている人もいます。

どちらが良い悪いの話ではないのですが、会社側からしてみれば、
給与などの待遇面に意味を持っている人の割合が多ければ多いほどリスクがつきまといます。

なぜなら、同業のBという会社が自社よりも好条件を提示していれば、
間違いなくB社へ移籍してしまうからです。

ちょっとでも嫌なことがあれば、速攻でスタッフを失ってしまう危険性があり、
これらの待遇面で引き止められているスタッフの割合が多ければ多いほど、
会社として貧弱な体制になってしまうわけです。

だから、会社側は待遇面以外での価値を提供しなければいけません。
その価値のひとつに「やりがい」があります。

一括りにやりがいといっても、捉え方が人それぞれだとは思います。

これまでいろんな会社さんのスタッフに、「仕事をやっていて一番嬉しかったことは何ですか?」
と言う類の質問をすると、決まって「お客様に喜んでもらえて、ありがとうと言われた時」と返ってきます。

多くの働く人にとって、お客様に喜ばれること(誰かから必要とされること)が、
やりがいに繋がっている事は確かだと思います。

自分の仕事が誰かの役に立っているのか?

その答えを知る術がないと
「やりがい」を感じることができないとも言えるのではないでしょうか。

会社が成長して組織が大きくなった時に注意をしなければいけないのは、
いかにして「やりがい」を保持させるかです。

会社が成長していくと、自然と効率を求めて「分業制」になっていきます。
「分業制」自体は良い仕組みだとは思うのですが、
デメリットとして「お客様から遠のいてしまう」ことがあげられます。

お客様から遠のいてしまう・・・つまりお客様の反応が分かりにくくなってしまうということです。
それまで直接「ありがとう」と言われていたことが、第三者を介して「ありがとう」と言われるようになり、
自分の仕事が誰かの役に立っているのか「半信半疑」になってしまう恐れがあるのです。

だから効率を求めて分業制にするとしても、
「やりがい」をどうやって担保するかを頭に置いた上で検討しなければいけないと思います。

気づいた時には「やりがい」を失っていた!
ということにならないように注意が必要ですね!

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト