成果を上げるzoomミーティング | Think for Design
トップページ > ジャーナル > 今日の一言 > 成果を上げるzoomミーティング

JOURNAL

ジャーナル

DATA . 2022.6.8

成果を上げるzoomミーティング

Nakamura Hiroki

Nakamura Hiroki


おはようございます!
伴走型ブランド経営デザイナーの中村です。

今日は「成果を上げるzoomミーティング」というお話をしたいと思います。

今では当たり前に使われる様になったzoomミーティング。
便利になった一方で、難しいなと思う事も多々あります。

そのひとつが大人数での打ち合わせ。

例えば10人でzoomミーティングを行うと、
相槌を打ってくれる人・積極的に参加してくれる人は1人〜2人で、
他は無反応・・・みたいな事がよくあります。

大勢の人が集まって何かを行う時、自分1人ぐらい手を抜いても良いよねという人が一定数現れます。
すると全員の能力の合計よりも成果が小さくなることがあり、これをプロセス・ロスと呼びます。

大人数でのzoomミーティングを行う際、
注意しないとこのプロセス・ロスが起こってしまうのです。

プロセス・ロスを防ぐには、進行役であるファシリテーターが、
●●さんはどう思う?などと意見を求めるなどし、
その場において一人ひとりが主役であるという意識を持ってもらう必要があります。

手を抜けない状況を作り、全員がミーティングに参加してもらうことで、
zoomミーティングが有意義な場になるものだと思います。

本日もがんばっていきましょう!
それではまた明日!

related post

関連記事

    Ranking

    Archive

    Happiness in Design

    シアワセをデザインする会社

    CONTACT

    お問い合わせ・ご相談は
    お気軽にどうぞ

    Project

    プロジェクト